1. ホーム
  2. 災害ボランティア>
  3. 防災マメ知識>
  4. 台風・水害について

台風・水害について

台風が接近したり、大雨が予想されるときは

気象台から台風や大雨の情報が出されたら、早めに次のような安全対策をとるようにしましょう。

  • ラジオ、テレビなどの気象情報、防災無線放送に常に注意を払う。
  • 外出中の場合は早めに帰宅する。帰宅できない場合は、家族と連絡をとりあう。
  • 危険箇所付近では、いつでも避難できるように準備しておく。
  • 懐中電灯、ラジオ、電池、食料・飲料水(最低三日分)などを確認する。
  • 非常持ち出し袋を点検する。
  • 屋根瓦、雨どいなどを点検する。
  • 水路、側溝の点検や掃除をする。

土砂災害について

土砂災害は、地形や土質によって発生する条件が異なるので一概には言えませんが、一時間に20ミリ以上、または、連続して150ミリ以上の雨量の場合は警戒が必要です。次のような現象が現れたら、土砂災害の危険があります。特に、危険箇所付近に自宅がある場合は、普段から注意し、早めの避難を心がけてください。

  • 湧き水の量が急に増えた、または濁ってきた。
  • 普段枯れない湧き水が急に止まったり、溜め池の水が減ってきた。
  • 山の斜面を水が流れ始めた。
  • 斜面から、土砂や石が落ちてきた。
  • 地鳴りの音や異様な鳴動が聞こえてきた。
  • 斜面に亀裂ができた。
  • 土地に隆起や陥没、ひび割れができた。
  • 構造物が変形したらり、ひび割れができた。

万一、土石流に遭遇した場合は、流れの方向に対して直角に逃げてください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは益子町社会福祉協議会です。

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

益子町社会福祉協議会ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る